五島列島の空から、
医薬品を配送する。

Aircraft delivery service in GOTO.

九州最西端、自然と歴史がつまった五島列島。
私たちは、自動飛行のドローンによる配送で、五島のそらから「より早く」「より確実に」、皆さまのお手もとまで、必要なお品物をお届けしてまいります。

BUSINESS

事業紹介

しまの暮らしが息づく五島列島で、
人々の生活に「医薬品」を届ける。

五島列島 人口 約50,000人 面積614.6㎢ ※有人島のみ

大小合わせて152の島々からなる、自然と歴史にあふれた五島列島。
約50,000人の人々が暮らす島々の中には、「今、必要とするもの」を入手する為に、島から島へ、住んでいる場所から目的地へ、様々な交通手段で長い時間をかけ、移動を必要とする地域もあります。

毎日の暮らしをちょっとだけ便利に。私たちは、皆さまが「より早く」「より確実に」、「今、必要とするもの」を、受け取ることが可能な未来を目指します。まずは、医薬品の配送から、始めて参ります。

五島列島 人口 約50,000人 面積614.6㎢ ※有人島のみ

ABOUT US

会社概要

人々と島々をつなぐ、
そらからつなぐ。

私たちは、自動飛行のドローンを用いた便利で安心な「そらの物流網」を構築することで、地域の物流課題や、医療アクセスの格差といった社会課題の解決に向けて取り組み、皆さまの生活をより快適で豊かにする事業を展開して参ります。

TOP MESSAGE

トップメッセージ

そらいいな株式会社は、ドローンサービスを通じ、
人手不足や物流課題、医療アクセスの格差といった、
社会課題の解決を目指します。

日本の物流は、少子高齢化や地方の過疎化といった社会課題が進展する一方で、個宅配送の需要の高まりにより、現在の物流網の体制の維持や、更なる発展に課題を抱えております。

五島列島においても、同様の社会課題を抱える地域の増加や、海に囲まれた島々であるといった地理的な要因から、物流の課題が顕在化しておりました。一方で、この地域の皆さまは、ドローンの実装に向けた実証実験にいち早く取り組むなど、ドローンを活用した社会課題の解決に期待感を持たれている場所でもありました。

まず、私たちは、医療業界の皆さま、自治体の皆さまとの連携の下、医薬品物流の分野からドローンの配送を実装し、便利で持続可能な配送サービスの実現に向けて取り組んで参ります。

代表取締役
松山 ミッシェル 実香

NEWS

新着情報

リリース

奈留島向け医療用医薬品の配送開始予定日について

2022.05.23

そらいいな株式会社(住所:長崎県五島市下大津町708-29、代表取締役:松山ミッシェル実香)による、長崎県五島中央病院附属診療所奈留医療センター(住所:長崎県五島市奈留町浦1644、以下:奈留医療センター)、奈留薬局(住所:長崎県五島市奈留町浦1744-3)向けへのドローンによる医療用医薬品の配送は、5/30(月)開始を予定しております。

配送開始日以降は、ドローンの飛行時間帯が変更となる予定でございます。詳細につきましては、下記リンクをご参照頂けますと幸いです。

5/30(月)以降の飛行時間帯について

ドローン飛行情報(第4報)

今後、五島市内各島及び、新上五島町へ飛行経路を開設し、順次、お届け先を拡大して参ります。新規経路の開設及び、飛行開始時期につきましては、随時ホームページにてご案内させて頂きます。

上に戻る